From Japan to Surrey

The experiences of a Japanese student at Surrey

Research Trip to Cardiff

みなさん、こんにちは。先週金曜日から日曜日にかけて、授業の一環でウェールズの首都カーディフ(Cardiff)に行ってきました。この授業のゴールは、デスティネーション(Destination)の管理について多方面から学ぶことです。今回の旅行は、これまでの学びを生かしてカーディフが抱えている課題を洗い出し、それに対する解決策を導き出すため現地で調査を行うことが目的でした。2〜4人のグループに分かれ、それぞれが調査に必要なアンケートおよびインタビューの内容を考えます。それに基づき現地で対象となる人々に聞き取り調査を行いました。今回はその様子について、1)調査、2)クラスメートとの交流、の二つの側面からレポートしたいと思います。

Cardiff Bay

まずは調査について。私たちのグループの調査対象は二タイプでした。一つはカーディフを旅行で訪れている人たち、もう一つはカーディフのツーリズムに携わっているステークホルダーの人たちです。一つ目のグループには選択形式のアンケート、二つ目のグループには自由回答形式のインタビューを実施しました。全体として非常にスムーズに進んだのですが、その理由は二点あると感じています。一点目は調査の練習としてパイロット調査を大学近くのギルフォード(Guildford)の街で事前に行ったこと。アンケートとインタビューの内容が回答者にとってわかりやすいものとなっているか、回答者一人あたりに対してかかる時間はどのくらいか、街中でアンケート協力をお願いして快く受けてくれる人は何人につき何人か(回答成功率)等を事前に確認しておいたことで、当日のタイムマネジメントとターゲット回答数の決定が非常にやりやすかったです。二点目はグループメンバー同士の絆を深める努力を長い時間かけて行ってきたことです。2月にグループを形成して以来、ミーティングを定期的に行ってきただけでなく、授業後にランチをしてお互いを知る機会を意識的に設けたり、4人で旅行に出かけたりもしました。(以前のブログ記事参照。)今回の調査旅行までにお互いの強みと苦手な部分をきちんと理解していたので、どこで誰に手を差し伸べるべきか、或いはどこで誰に助けを求めたらいいか、といったことを容易に判断することができました。

Group Photo

次にクラスメートとの交流について。この授業は必修ではないのですが、ツーリズムコースの大学院生の多くが受講しています。修士課程が始まって約7ヶ月が経過した今、クラスメート同士の仲は非常に良好で、良い関係を築いていると感じています。今回の旅行に参加していた生徒の国籍はなんと10カ国以上!1日目の夜はホテルのロビーでゲームを楽しみ、2日目の夜はカーディフ・ベイにあるパブに出かけてナイトライフを夜中まで楽しみました。調査だけで楽しむ時間がまったくないということではなく、どちらもバランス良く盛り込むことができ、非常に有意義な調査旅行だったと思います。このような楽しいアクティビティが組み込まれているのも、サリー大学でツーリズムを学ぶことのメリットの一つです。


Hello, everyone! Last weekend, I visited Cardiff, the capital of Wales, as a research trip for one of my modules. The module aims at leaning how to manage tourism destinations from a variety of perspectives. The objective of the research trip is to conduct research in Cardiff in order to find the solutions to the challenges and problems identified in advance by applying the learnings from class. The class is divided into groups of 2 to 4, and each group is encouraged to create questionnaires and interview grids for the research. Today, I will talk about the trip from two aspects: research and social activity.

Our group has two target groups for the research; one is visitors to Cardiff and the other is tourism stakeholders in Cardiff (e.g. managers at hotels, restaurants, and tourism attractions). We created a questionnaire for the first group with basically closed ended questions, and a interview grid for the second group with open ended questions so that they can give us more insights from the professional perspective. Overall, the research went very smoothly mainly because of two reasons; one is that we have conducted the pilot study in Guildford and the other is that we have worked on bonding ourselves since the very beginning. The pilot study gave us some important findings for our research, such as average time per interview, success rate per interviewer, and performance of the contents (how well the respondents understand the questions). Because we were aware of these points, we could easily plan on our time schedule and the target number per day. Developing close friendship between the group members was also a key. Since we formed the group in February, we have had formal meetings occasionally as well as casual gatherings including the weekend trip to Stockholm, where we found out about each other to personal levels. It was easy for us to identify whom we can ask help from as well as whom we should provide help to within the group, as we know who is better in what skill.

Social activity was another exciting part of the trip. Although this module is not compulsory for all the tourism students, most of us are in the class and we are very close to each other after 7 months has passed as course mates. On the trip, we had students from more than 10 nationalities! We played some games in the hotel on the first night, and we went out for drinks in Cardiff Bay on the second night. Overall, it was well balanced with research and social activities; just another reason why studying tourism at Surrey is the best choice!

London Sightseeing 2

みなさん、こんにちは。今週月曜日から授業が再開し、後期も残すところ5週間となりました。いよいよセメスターの終わりが近づいてきたという感じですが、一日一日を大切に、学んでいきたいと思います。今日は前回の続きで、日本からの家族の来訪(後編)についてお話しします。

Brick Lane

日曜日。9時頃ホテルで朝食を済ませ、電車に乗ってロンドンへ。前回も書きましたが、宿泊先はロンドンとギルフォードの間にあるウォキングという駅。ここからロンドンまでは電車で約30分程度です。この日の目的は、毎週日曜朝に開催されるマーケットへ行くこと。Waterlooからバスに乗ってBrick Lane(ブリック・レーン)へ。通りには様々な国の料理のブースが立ち並び、非常に活気のあるマーケットです。その通りを抜けた先にあるOld Truman Brewery(オールド・トルーマン・ブリュワリー)という建物内には、古着やアートショップ、フードブースがセクションごとに所狭しと並んでいます。日曜日以外にもオープンしているセクションもありますが、全てがオープンしていて一番活気があるのは日曜日です。弟は新しいiPhoneケース、母は姪っ子にベビー服と父にTシャツを購入。イーストロンドンのオルタナティブな雰囲気を肌で感じつつ、ストリートアートの前で写真撮影。

マーケットで購入したタイ料理と中華料理でお腹を満たした後、老舗デパートHarrods(ハロッズ)へ向かいます。しかしこの日はイースターサンデー。通常は日曜日も営業していますが、この日は休業日でした。というわけで予定を変更して大英博物館へ。非常に大きな博物館なので、全てきちんと見て回ろうと思ったら丸一日を費やす必要があります。私たちは時間がなかったので事前にガイドブックで見たい展示を確認し、2時間程で見て回りました。その後Bond Street駅からOxford Streetを通ってOxford Circus、さらにRegent Streetを通りPiccadilly Circusまで歩きます。その後はCovent Garden(コヴェント・ガーデン)へ行き夕食をとり、10時前にホテルに戻りました。

Buckingham Palace

翌日の月曜日も9時頃朝食をとり、ロンドンへ。この日の最初の目的はBuckingham Palace(バッキンガム宮殿)の衛兵交代式を見ること。11時前に現地に着くと、すでにたくさんの人が場所取りをして式が始まるのを待っていました。11時過ぎから音楽が聞こえてきて徐々に式が始まり、遠くからではありますが衛兵さんたちを見ることができました。その後はGreen Park(グリーンパーク)を少し散歩して、昨日のリベンジのためHarrods(ハロッズ)へ。紅茶やハロッズグッズなど、お土産をたっぷり購入した後、3階にあるThe Tea Room(ザ・ティールーム)でアフタヌーンティーを楽しみました。サンドウィッチ、スコーン、デザートの三段重ねは思った以上にボリュームがあり、シャンパンと一緒に楽しいひと時を過ごしました。その後は前日同様、Oxford StreetとRegent Streetを歩いてひととおり買い物。途中で老舗デパートLiberty(リバティ)へ寄り、日本でも大人気のリバティ柄グッズをいくつか購入しました。ホテルのあるウォキングへ戻って夕食。この日は最後の夜だったので無理はせず、ホテル近くの地元のイタリアンレストランで夕食をとりました。

Afternoon Tea

最終日の火曜日は10時頃チェックアウトを完了し、ウォキング駅前にあるMarks & Spencerでお菓子などのばらまき土産を購入。現地のスーパーで手に入る食べ物が一番その国らしさを表しているので、旅行すると必ずスーパーに寄ることにしています。母にもその手法を勧めてみました。11時前にウォキング発の空港送迎バスに乗り、ヒースロー空港へ。とても短い時間でしたが、限られた時間をフルに使ってロンドン観光ができたと感じています。一日ごとのテーマと目的を決めて、でもけして予定を詰めすぎることないフレキシブルさも残しておくと、バランスのいい過ごし方ができると思います。今回のスケジュールは一例ですが、みなさんもゲストそれぞれの趣向に合わせた観光スケジュールを組んで、素敵な時間を過ごせるといいですね。


Hello, everyone! The Easter break is over and classes started on Monday. It is hard to believe that we only have 5 weeks left for the school year, but let’s appreciate everyday and make the most out of it! Today, I will talk about the London sightseeing tour with my family (second half).

Our Sunday started with lovely breakfast at the hotel at 9 in the morning. The first destination was the Brick Lane Market in Shoreditch. The market consists of several sections, including international food booths and second hand clothing shops. Some shops are open on other days as well, but it gets most populated and lively on Sundays. My brother bought a new iPhone case, and my mother bought loads of baby clothes for my niece. We took the photos in front of the graffiti walls, feeling the vibes of East London.

After eating some ethnic foods from the Thai and Chinese booths (delicious!), we headed to Harrods, the luxury department store with more than 160 years of history. However, it was closed due to the Easter holiday. We promptly changed our plan and went to the British Museum instead. The museum is so large that it can easily take up a whole day. Since we didn’t have enough time to look through everything, we made a list of the exhibits that we wanted to see. After 2 hours or so, we left the museum and went for some shopping. We started off from Bond Street station and walked through Oxford Street, then Regent Street to Piccadilly Circus. Finally we went to Covent Garden for dinner and went back to the hotel for some rest.

Our destination on Monday was the Buckingham Palace. By the time we arrived, the venue was full and we were not sure if we could see the change of the guards properly. Luckily, we managed to see some actions but I felt it would have been better to find the right spot and the right time to arrive in advance to make the most out of it. Then we took a nice walk in Green Park and went back to Harrods, after calling and making sure it would not be closed on the day. First, we bought some souvenirs including Harrods goods and nice sets of tea, and then we had afternoon tea at The Tea Room on the 2nd floor. Being satisfied with the amazing afternoon tea experience, we did some more shopping in Oxford Circus. We also stopped by at the Liberty department store, which is very famous amongst Japanese people. We ended our day at the local Italian restaurant near our hotel.

On Tuesday, we checked out at around 10 and went to the bus stop at Woking station. While waiting for the airport limousine, we did the last souvenir shopping at Marks & Spencer at the station. When on holiday, I always go to a local supermarket because it is the best way to know the local life of the destination. We took the bus at around 11 and arrived at the Heathrow Airport Terminal 5 at 11:30. Such a short visit but we had a wonderful time together. The key to enjoy such a short visit is to set the goal(s) and destination(s) for each day, yet not to plan too many things so that you have a little bit of flexibility. Plan your schedule according to your family’s or friends’ preferences and enjoy your time in beautiful London!

London Sightseeing 1

Family at Uni

みなさん、こんにちは。イースター休暇も最終週を迎え、大学に活気が戻ってきました。さて今日は、イースター休暇中の2大イベントの一つ、日本からの家族の来訪(前編)についてお話しします。父と妹は仕事の関係で来られなかったのですが、母と弟が2人で遊びに来てくれました。

3月25日(金)の昼間にヒースロー空港着予定だったので、空港まで出迎えに。サリー大学からヒースロー空港までは非常にアクセスが良く、大学の位置するGuildford(ギルフォード)駅から隣のWoking(ウォキング)駅まで10分ほど電車に乗り、そこからNational Express(ナショナル・エクスプレス)という空港送迎バスを利用します。バスの乗車時間は30分程度ですので、うまくいけば1時間もかからずにヒースロー空港まで行くことができます。空港で久しぶりの再会を楽しんだ後、バスに乗ってウォキング駅へ。今回、宿泊先をいろいろと検討したのですが、ロンドンのホテルは高額なため却下、一方ギルフォードのホテルはイースター休暇中ということもありほぼ満室状態だったため、最終的にロンドンとギルフォードの間のウォキングにあるDoubleTree by Hilton Hotel Woking(ダブルツリー・バイ・ヒルトン・ホテル・ウォキング)に宿泊しました。ロンドンまで電車で30分以内という立地とリーズナブルな価格、サリー大学までも近い(母と弟にキャンパスを案内したかったので)という3点を考慮し、ここに決めました。この日は夕方4時頃にチェックインを済ませた後、その足で大学のキャンパスへ。私が住んでいる寮や教室、図書館、大聖堂を案内した後、天気が良かったので池の周りを散歩しました。私が日々過ごしているキャンパスを実際に見ることができて嬉しかったとの感想でした。その後はギルフォードの街へ行き、All Bar Oneで夕食。ここは国内で広く展開しているチェーンのパブですが、店内は明るくバーガーやブリトーなどのフードメニューも充実していて、パブというよりはファミリーレストランに近いような雰囲気です。ビールを飲みながら話に花を咲かせました。

Big Ben

翌日は7時半(!)に起床し、8時にホテルで朝食を済ませてロンドンの街へ。London Eye(ロンドン・アイ)からスタートして、Big Ben(ビッグベン)の前で写真を撮り、Westminster Abbey(ウェストミンスター寺院)へ。ウェストミンスター寺院の内部は荘厳で美しく、中に入って見学する価値は十分にあると感じました。その後は地下鉄に乗ってTower of London(ロンドン塔)へ。ここも非常に立派な建物ですが、とにかく人が多かったのが印象的です。特に王室の貴重品が展示されている宝物館は長蛇の列。私たちは入るのを諦めましたが、おそらく30分以上の列だったと思います。それでも、せっかくロンドンに来たのだからこの機会を存分に活かさない手はない、とばかりに写真を撮ったり列に並んだりする人が非常に多いことに驚きました。観光地としてのロンドンの魅力の大きさを物語っています。

Tower Bridge

ロンドン塔を出たところでTower Bridge(タワーブリッジ)と記念撮影をして、その後はMayfair(メイフェア)にあるフィッシュアンドチップスのお店、The Mayfair Chippyへ。その脂っこさとしつこさが苦手で普段は進んで食べる料理ではないのですが、ここのフィッシュアンドチップスは軽くてふわっとしていて、とても美味しかったです。他に注文したムール貝は一緒に煮込んだ白ワインとガーリックのソースが最高に美味しかったです。

そしてこの日最後にして最大のイベントは、ミュージカルPhantom of the Opera(オペラ座の怪人)の鑑賞。日本で劇団四季の公演を観て以来大ファンの私たち(特に母と私)は映画も何度も観ていて、サウンドトラックCDを聞いた数は数え切れないほど。実際に本場で観るミュージカルは素晴らしくて、圧巻の一言でした。役者さんの歌唱力、小さな舞台を最大限に利用するテクニック、音楽のダイナミックさ。また同じ舞台を観に来たいと心から思いました。

ミュージカル鑑賞後は電車でウォキングのホテルへ戻り、就寝。とてもとても長い充実した一日でした。次回はロンドン巡り(後編)についてお話しします。


Hello, everyone! The Easter break is coming to an end and university is getting more and more lively these days. Today, I will talk about the London sightseeing tour with my family (first half). It was not a whole family who visited this time, as my father and sister were working, but I was delighted to see my mother and brother; it has been a half year since I saw them last time!

On Friday 25th, they arrived at Heathrow at around 1:30 pm. The Heathrow airport is easily accessible from University of Surrey; you take train to Woking (10 minutes from Guildford) and get on the airport limousine bus (National Express), which takes you directly to the airport. I follow this route and it took me less than an hour to get there. We enjoyed the reunited moment and took the bus back to Woking. It took us a while to choose a hotel to stay this time, as staying in London was extremely expensive while hotels in Guildford were full because it was the Easter weekend. Finally, we decided to stay at DoubleTree by Hilton Hotel Woking and it was a perfect choice. Great access to London (less than 30 minutes), reasonable price, and located near University of Surrey (they wanted to see the campus!). These were the main reasons why we chose the hotel and I totally recommend it to anyone hosting their families. After the check-in, we went to see University. I showed them my accommodation, classrooms, library, and the cathedral. Luckily, the beautiful weather allowed us to have a nice walk around the lake! Then we went to town and had dinner at All Bar One, a chain pub with a great variety of foods and drinks. We enjoyed catching up with each other with fantastic British beer in our hands.

On the next day, we woke up at 7:30; yup, that’s a typical Japanese tourist behaviour! We had breakfast at 8 and started sightseeing at 10 from London Eye. We moved on to Big Ben, and Westminster Abbey. The Abbey was amazingly beautiful inside. We queued up for about half an hour, but it was totally worth it. Then we took the underground and visited London Tower, another symbolic attraction with a full range of great buildings. The queue for the exhibition “The Crown Jewels” was extremely long and I was impressed to see how passionate people were to see and experience everything they could. That is how attractive London is as a tourist destination and it is simply impressive.

After taking a couple of pictures in front of Tower Bridge just outside of Tower of London, we went to grab lunch at The Mayfair Chippy, the great place that serves delicious fish and chips. Normally, it is not my favourite dish because of its greasy and fatty ingredients, but what we had there was totally different. The fried fish was light and fluffy, which immediately made me a big fan of the place! The mussel we ordered as a side dish was also fantastic, and we enjoyed until the last bit of sauce with white wine and garlic.

Last but not least, we went to see the musical “Phantom of the Opera.” Ever since we (my mom and I, not my brother anyways) saw the musical in Japan and also watched the movie starring Gerard Butler and Emmy Rossum, we have been in love with the play. There was even a period when we were listening to the soundtrack CD all day long; that’s how much we adore the play! The musical was breathtaking. The actors, the way they made the best use of the tiny stage, and dynamism of music. All of these factors made the musical so amazing that I want to go back to see it again!

After the great musical experience, we went back to the hotel and had a nice, not-so-long sleep (because we woke up at 7:30 again next morning!). The rest of the story is coming up next week!

Greece -where happiness is found in simplicity-

Acropolis

みなさん、こんにちは。サリー大学は3月19日から一ヶ月のイースター休暇に入りました。この間、母国へ帰国したり旅行へ出かけたりと皆それぞれの過ごし方をするのですが、わたしは前半の二週間、昨年9月まで住んでいたギリシャへの里帰りと日本からの家族の来訪という2大イベントを楽しみました。今日は私が大好きな国ギリシャについて、次回は家族とのロンドン巡りについてお話ししたいと思います。

ギリシャというと、近年は経済危機や難民問題などネガティブな内容が報道されることが多く、実際そのようなイメージを抱く方がほとんどかもしれません。もちろん問題が多く様々な面で根本的な構造改革が必要であることは否定できませんが、その一方で他の国にはない見所と魅力で溢れている土地でもあります。人々は大らかでフレンドリーで、良い意味で適当。「人生を楽しむこと」に重きを置いている人が非常に多いように感じます。それを実感する瞬間が3年住んでいた中で何度もあったのですが、今回はそのうち二つを紹介します。

一つはホリデーの過ごし方。日本の場合、長期休暇を取得する習慣が広く浸透していないためそもそもホリデーの期間が短い上に、たとえばヨーロッパやアメリカなど長距離の目的地を旅行する場合、位置関係上移動に片道一日を要するため、実際にホリデーのために割ける日数が非常に短いのが現状です。その結果、「旅行中に見学したいもの」や「やりたいこと」をリスト化し、休日であるにも関わらず朝8時から夜8時まで30分刻みでスケジュールどおりに行動する、というようなことが起こります。これは決して批判されるべきことではなく、個人的には非常に効率の良い休日の過ごし方だと思っています。しかし多くのギリシャ人は違います。朝はゆっくり起きて海へ。ひと泳ぎしてからコーヒーを飲みながらビーチでのんびり。少ししたらまた泳いでお昼ご飯(と言ってもだいたい午後3時か4時)。そのまま2時間ほど食事を楽しんで、また海へ。いったんホテルへ帰って休憩。シャワーを浴びてドレスアップして、10時頃から夜ご飯を食べに外へ。そのまま飲みに出かけて明け方帰宅。翌日も同じスケジュールの繰り返し。「せっかくの休日なのになぜ何もしないのか」とギリシャ人の友人に尋ねたことがあります。「せっかくの休日だからこそ何もしないのだ」とその友人は言いました。その瞬間から、ギリシャはわたしの大好きな国になりました。

もう一つはお酒との付き合い方。ギリシャの文化にはお酒を楽しむ習慣が古くから入り込んでいて、そのためお酒を飲むことの目的が「酔っ払って我を忘れること」である人はほとんどいません。他方、日本やイギリスでは(私の個人的な印象ですが)、「飲むならとことん飲んで酔っ払おう」というスタンスの人が圧倒的に多いように感じます。ストレスの多い日常生活からの解放を求めてお酒を飲むことが多い私たちに比べ、ギリシャでは友人や家族とより楽しい時間を過ごすためのツールとしてお酒があるようなイメージです。その証拠に、ベロベロに酔っ払って道端で嘔吐しているようなギリシャ人には3年間で一度も遭遇したことがありません。金曜日、中央線の最終電車で酔っ払ったサラリーマンたちに囲まれながら帰宅してきた頃を思い浮かべると、どうしても比較せずにはいられません(私も人のことは言えませんが)。

様々な報道がなされる中、一番の産業である観光への影響も心配されるギリシャですが、美しい海と太陽の国ギリシャで過ごすリラックスした時間は何事にも変えられない宝物です。機会があったらぜひ一度、足を運んでみてください。


Hello, everyone! University of Surrey is on Easter break from March 19th to April 17th. During the holiday, some students go back to their home countries while others go on a vacation abroad. In the first week, I was back in Greece where I had lived for 3 years. The following week was a family time; my mother and brother came to visit me from Japan and we had a great time. Today, I will talk about the first half: Greece, my forever-favourite country. I will cover the London sightseeing with my family in the next post.

Greece has been on media for several reasons these days: economic crisis, refugees’ issues, and everything related. All of these are negatively spoken and it might have influenced people’s views on the country. However, Greece is an amazingly beautiful country with exceptional landscapes and rich history, and on top of that, beautiful minded people. I have experienced countless moments that I felt positively surprised and simply in love with this country. Here, I will pick up two stories out of all.

First, the way people spend the holiday is notably different. Due to the fact that we do not take long holidays as much as they do in Western countries, Japanese people try to make the most out of our short and limited stay at the destination; for instance, we start sightseeing at 8 in the morning and have an extremely detailed schedule every half an hour until 8 at night. In Greece, on the other hand, their holiday is much more relaxed; they wake up at 11, go to the beach and chill, have lunch at 3 (or 4!), go back to the beach and have a nap, go home and take a shower, go out for diner and continue for drinks, come home in the morning, and the same schedule repeats on the next day. I asked my Greek friend once, “Why don’t you do anything although it’s a holiday?” He said, “We do nothing because it’s a holiday.”

Another interesting feature is their drinking culture. Greek people have very pleasant drinking habit, probably because having drinks is immersed into their everyday life much more than it is in Japan or the UK (in my opinion anyways!). The purpose of drinking is never “being wasted to get away from the restricted normal life”, but “having a little more fun than the normal life.” In fact, I have never seen a single person who is so drunk that he or she cannot walk in Greece. Remembering my life in Tokyo where literally everyone in the whole train is drunk on Friday night, which, of course, includes myself, I cannot help comparing the two distinctively different drinking habits.

What lies in common as an idea is that “happiness and joy are found in utter simplicity”, as Nikos Kazantzakis says in his book Zorba the Greek. Make your way to this beautiful country if you get a chance; the most beautiful and relaxing time is waiting for you.

Japan-themed Birthday Party

Birthday Party

みなさん、こんにちは。今日は先週末に主催した誕生日パーティについてお話しします。自分の誕生日パーティを主催するのは昨年に続いて2回目でした。当時住んでいたギリシャのアテネで開催した前回は、桃子の名前にある「桃」の花の色にちなんでピンクがテーマでしたが、今回はテーマを「日本」に設定し、日本に関連する何か(コスチュームやフェイスペインティングなど)を身につけてくることを参加者にお願いしてみんなで集まることにしました。

外国人の日本に対するイメージは、実に様々です。ゲイシャやサムライと結びつける人もいれば、アニメや漫画のキャラクターが真っ先に思い浮かぶという人もいます。「いや、まずは日本食でしょう」という人や、黒澤明の映画の名前を挙げる渋い人もいます。今回のパーティに参加してくれた友人の中には、日本人はもちろん、日本に行ったことがなく日本に対して特別な関心もない外国人、日本に行ったことはないけれど日本の文化や言語についてある程度知識がある外国人、日本に行ったことがある外国人など様々なタイプの人がいて、そのバックグラウンドは実に多様なものでした。それぞれの視点で「日本」を見てそれを表現してくれたので、参加してくれた友人の姿を見ることがパーティの最大の楽しみであり魅力でした。

さて今回このようなパーティを開催したのは、誕生日をちょっと面白い方法でお祝いするという意図の他に、修士論文との関わりがあります。「外国人が日本に対して抱いているイメージ」に関するテーマで論文の執筆を始めているところだからです。今回のパーティに参加してくれた友人達の姿を見て、日本に対するイメージが実に多様であることを実感することができ、その意味でも非常に有意義な時間だったと思います。

もう一つ、今回印象的だったのは、全く面識のなかった私の友人同士がパーティを通して仲良くなる姿を見ることができたことです。日本では違う分野やコミュニティの友達を一緒に集めて何かをする習慣はありませんが、欧米文化の中ではより一般的であるように感じます。興味分野や趣味こそ違うかもしれませんが、互いに価値観を共有していることが多いため、気が合う者同士であることがほとんどです。今回も、ツーリズムのクラスメート、サリー大学の別のコースに在籍する友達、日本人コミュニティの方々、アルバイトで知り合った友達、寮のフラットメイト、日本の大学時代の友人で偶然ロンドンの博士課程に在籍している友達など実に多くのコミュニティから集まっていましたが、それぞれのコミュニティで固まることなく、皆が広くコミュニケーションをとっていたことが印象的です。多くの人たちと知り合う機会がある今の環境に感謝して、今後もさらに交流を深めていきたいと思っています。


Hello, everyone! Today I will talk about my birthday party I held last weekend. It was my second time to organise a themed party; the theme was “pink” at the last year’s birthday party, as “Momo” in my name “Momoko” stands for “peach flower”, which is coloured in pink. This year, the theme was set as “Japan”, simply because I am from Japan and I wanted to see people’s perceptions about my country. I asked the attendees to wear whatever represents Japan such as an anime character’s costume, face paintings of the Japanese flag, or geisha-looking makeups.

Japan is a country of contrasts. Those traditional stereotypes you may imagine – of beautiful geisha and ancient temples – do actually exist, but alongside them you’ll find huge shopping malls, crazily crowded train and famous karaoke box. Whatever comes to your mind first when you hear the word “Japan” is your image of the country and it can be completely different from your friend’s. It is totally natural because you won’t be able to escape from this paradox of two contrasted extremes; and I believe that’s precisely what makes Japan so interesting and, at times, surreal. At the party, my friends were incredibly creative and the party was brimming with colourful originality; I was truly impressed and enjoyed looking at them very much.

One of the reasons why I decided to throw this party was because I wanted to visualise the image of Japan perceived overseas, as my dissertation topic is closely related to this concept. It turns out that the image has much more variety than I expected, and it is truly meaningful for me because I can now see the potential diversity of the image of my country.

Another significant point of the party is that people were mingling nicely, although they didn’t know each other before. In Japan, we don’t bring our friends from one community (e.g. friends from high school) to a gathering with our colleagues. They are from two different contexts and we tend to separate them completely. In the western culture, however, I feel it is more common to get all our friends together, no matter what community they belong to. The backgrounds and upbringings might be different from one to another, but they often share the same perspectives; at the party, I was happy to see people were interacting with each other and not sticking to their own groups. Feeling grateful to be in an environment where I meet people with a variety of backgrounds, I would like to keep actively meeting as well as “mixing” people as much as possible.

A Weekend Trip to Stockholm

By the Sea

みなさん、こんにちは。今日はツーリズムのクラスメート3人と弾丸で行ってきたストックホルム週末旅行についてお話しします。Ryan AirとAirbnbを駆使した格安旅行でしたが、最高に楽しい時間を過ごすことができました。

ストックホルムに到着して最初に出会ったのは、空港のパスポートコントロール担当官の男性。とてもフレンドリーな方で、スウェーデンの印象が一気にポジティブなものになりました。エアポートリムジンに乗り、ストックホルム市内に到着。バスターミナルからアパートまで歩いていると、ちょうど近くに雰囲気の良いタパスのお店があったのでそこで昼食をとることにしました。一皿55クローナ(約4.5ポンド、約700円)のタパスを12品注文し、4人でシェアしました。そこで出会った女性の店員さんもまたとても暖かく、旅行前に抱いていたスウェーデンの人たちのイメージはいい意味で大きく覆されました。親切で、思ったよりずっとおおらかな人たちだと感じました。寒い国の人たちはどこか心も冷たいイメージがありましたが、そんなことは全くありませんでした。社会システムがしっかりしていて生活基盤が守られている安心感からか、何に対してもガツガツ感がありません。しかしそれでいて、南ヨーロッパのような「リラックスしすぎ感」はまったく無く、現実的でやるべきことはしっかりやり、仕事もきちんとこなします。バランスが取れていて、非常に理想的だと思いました。その後はアパートへ行き少し休憩をしてから、夜のストックホルムの街へ。バーに2軒行き、2時頃帰宅して就寝。

翌日の日曜日は9時頃起床し、街歩きへ出かけました。海辺を歩くと、空気があまりにも綺麗なことに驚きます。マイナス3度の世界は私たち(日本人、エジプト人、ギリシャ人)にとってはとても寒く感じられましたが、スウェーデン人にとっては暖かいのか、ランニングをしている人たちをそこかしこで見かけました。これはいつも思うことなのですが、寒い土地には寒い時期に、暑い土地には暑い時期に旅行するのが一番です。「その土地らしさ」を一番感じられるのは、まさにその時期だからです。そのままウォーキングを楽しみながら、15分程歩いて市庁舎へ。ここはノーベル賞の授賞式が行われる場所で、さすがの建造物。中庭の雰囲気も非常に荘厳で圧倒されました。その後はさらに歩いて旧市街を散策。建物の、カラフルだけれど暗くて淡い色合いが街の雰囲気にしっくりきていて、とても素敵な空間でした。

3時頃に市内を出て空港へ向かい、6時の飛行機でロンドンへ。とても短い旅行でしたが、十分満喫することができました。今回の旅行の大きな目的は、グループ課題に一緒に取り組むメンバーとの絆を深めることでした。ひたすらコミュニケーションをとり、価値観を共有し、時にはくだらない話をしながら、お互いのことをより深く知ることができました。またツーリズムの観点からも観光目的地(デスティネーション)を見ることができ、有意義な時間でした。例えばストックホルムの観光名所について、実際に行ったことがない人はどれほど知っているでしょうか。またストックホルムという場所に対するイメージを、人々はどれだけ持っているでしょうか。「行ってみたら良さがわかった」と言うことは簡単ですが、観光地をマネジメントする側としてはこれでは観光政策が成功しているとは言えません。観光地の魅力を的確に理解し、それを有効な手段を用いて旅行者に発信する必要があるのです。それを肌で実感したという点でも、今回の旅行は非常に意味のあるものでした。また機会を見つけて他のデスティネーションへも旅行したいと思っています。


 

Hello, everyone! Today I will talk about the weekend trip to Stockholm with my tourism course mates. It was a spontaneous trip with a relatively low budget by using Ryan Air and Airbnb, but it turned out to be spectacular.

The first person we met in Stockholm was the immigrant officer at the airport. He was very friendly and we enjoyed talking to him a lot. I believe all the pople we encounter during the trip are like ambassadors of the country, as we formulate the typical personality out of our communication with them. We took the airport limousine bus to the city and walked to the Airbnb. On the way to the apartment, we found a nice tapas restaurant and decided to stop by for lunch. A dish of tapas cost 55 SEK (4.5 GBP, 700 JPY) and we ordered 12 different plates. The lady at the restaurant was also extremely friendly and warm, which changed my image of Swedish people in a positive way. I had an image that they would be cold and unfriendly, possibly because of the gloomy weather. However, the image was totally wrong and I found Swedish people warm and open-minded. It might be because the social structure is well established and people are securely protected in many aspects. They are not stressed, but not too relaxed either; they know what to do and they do things just in the right way with the right amount of efforts. Their life style seems well balanced and I find it very ideal. After having a rest at the apartment, we went out for dinner and some drinks.

We started our Sunday with a nice walk by the sea, and we were surprised how many people were running in such a cold weather! We straggled with the temperature very much. However, I always prefer going to a cold destination when it is cold and a hot destination when it is hot, because this is the best way to experience the destination’s unique characteristics. After walking for 15 minutes, we reached the “famous” city hall; this is where Nobel Banquet takes place after the ceremony of Nobel Prize. We were impressed by the magnificent building as well as its beautiful garden. Then we enjoyed strolling around Gamla Stan (old town) where we found a number of old colourful buildings.

It was such a short weekend trip but totally worth spending money and efforts. One of the main purposes of the trip was to strengthen the bond between the group members (we are in the same team for the group assignment). Throughout the weekend, we talked about various matters, shared our past experience, and most importantly, laughed a lot; we surely feel bonded much stronger than before. Finally, this trip was meaningful from a perspective of tourism studies. Stockholm is indeed a beautiful place to visit, but its destination image has not been developed well enough. What would you imagine when you hear the word “Stockholm”? How well do you know about the attractions in the city? To manage a tourism destination, they precisely need to know what the visitors expect and they must provide them with necessary information effectively. It was a great opportunity for us to experience it in the actual context. Needless to say, we have already started planning our next trip together!

1 2 3